FC2ブログ

日本版「ティール組織」

明けましておめでとうございます。

先日株式会社日本レーザーの近藤宣之代表取締役会長の話を聞く機会がありました。
その中で経営のヒントとなった項目は以下の通りです。

1. 会社は何のために存在するか?
企業の意義は働く人を幸せにすること

2. モチベーション向上策として
① 透明性と納得性の高い人事制度
② 社長が社員教育・社外での研修に投資
③ 粗利重視の業績主義を導入
④「今週の気づき」「今週の感謝」

3. 社員が大切にされている実感
① 会社を引っ張る20%のリーダー
会社を支える60%の人材
気づきを与える20%の社員(このレベルの社員を切ってはいけない)
② 身障者も定年、再雇用する会社という信頼
③ 高齢者雇用 生涯雇用が安心の基本
④ 育児と営業を両立させる仕組み

4. 当事者意識の向上
役員持株会、社員持株会で出資

5. TEAL組織
圧倒的な当事者意識と仲間意識

6. 自己組織化
創造的な個の発想や営みを優先する
ゆらぎを秩序の源泉とみなす
不均衡や混沌を排除しない
トップダウンの管理を強化しない

7. 社長が変わる
日々の経営は社長にとっての修行の場
嫌なことをニコニコとして聞く!
すべては社長の責任・逃げない
トラブルを周りのせいにしない!

添付してあった資料より
権限移譲について 任せた後、自分でやったほうが早いなど、イライラしたことはありますか?
→ イライラはしません。権限を委譲すると、スピードは非常に上がりますから。ただミスもあります。でもそれで社員を叱責することはしません。これも授業料だと思えばいい。人の成長に必要なコストです。実際、社員のモチベーションは上がり、結果として早く育ちます。

近藤会長が出した書籍「社員に任せるから会社は進化する」PHP研究所を購入しましたのでこれから読んでみます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

税理士 山谷謙太

Author:税理士 山谷謙太
〒064-0804
札幌市中央区南4条西10丁目1004-2 SYOKUSAN Bldg 5F
TEL.011-211-5492
フリーダイヤル.0120-88-5492
すずらん総合マネジメントHPはこちら

Facebook
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR